ワーキンググループ 参加者募集

支部会員の皆様

神奈川支部では、今年度から以下の3つのワーキンググループを立ち上げて、各事業を推進してゆく計画です。次回の総会でワーキンググループの構成や活動内容について議論の上、各グループのメンバーを募集いたします。

 

 WG名(仮称)
担当幹事WG人数
1判定士業務検討ワーキンググループ大久保,福元 ,(立花)3+1名
2会員ワーキンググループ酒井,山田5名
3広報ワーキンググループ高橋,細倉2名

以下、各ワーキンググループの活動内容のご紹介となります。

判定士業務検討WG

判定士業務検討WGは、地盤品質判定士の業務に係る事柄の整理を目的とし、そのための意見交換と情報発信の場とします。当面の目標は以下のような内容です。

  1. 支部における業務範囲の分類と標準化
  2.  評価書(判定書、意見書等を含む)事例の収集・分析と標準化
  3. 行政や他団体との協業における仕様の検討

この他に、業界団体として対外的に分かりやすい体制を整えて行きます。

 

研修会等WG

研修会等WGでは他のWGと連携して、研修会、情報交換会、見学会を企画し、開催します。今年度は、例えば下記のようなイベントをイメージしています。会員の皆様に役立つイベントを一緒に企画し、開催しませんか。当WGへの皆様のご参画を期待しております。

  1. 夏: 会員の相互理解を深めるために、会員が自由に報告・討論する情報交換会の開催
  2. 秋: 会員の経験を高めるために、横浜から三浦半島の周辺を対象とした野外巡検または小規模不安定斜面の現地見学会の開催
  3. 冬: 会員の知識を増やすために、有識者を招いた講演会と来場者どうしのネットワーキング会合の場の提供

 

広報WG

広報WGでは他のWGと連携して、判定会の活動のうち、対外的な領域における広告宣伝・勧誘等の活動を行います。具体的には,次のような業務を行ないます。

  1. ホームページ発表文書の企画・製作・管理全般を行なう。
  2. 神奈川県自治体や建築・法曹・工法協会などの関連団体へのPRに必要な名刺・パンフレット等の企画・製作を行なう。
  3. 判定士会神奈川支部が主催(共催・協力)する研修会,情報交換会および見学会の案内文書,広告の企画・製作を行なう。
  4. 他団体へのPRや研修会・情報交換会・見学会の実施状況の写真撮影・実施状況のレポート文書をまとめ,ホームページ等に発表する。
  5. 新規会員の加入促進、勧誘に関する企画・運用を行なう。