地盤工学会関東支部/千葉市液状化対策事業見学会

表記見学会が開催されました。 地盤品質判定士に密接な現場見学でした。 千葉市の方々もご参加くださいまして,丁寧なご説明を頂きました。技術面では,安田進先生とコンサルタントのご担当者の方にご説明を頂きました。現地では,外管の撤去状況や立坑掘削部などを見学し,街区全体に敷設された設備を見ることができました。見学会後の説明会では,活発な質疑応答が行われました。 この現場は,磯辺3丁目と4丁目地区で,住民の合意形成が図られた地域とのことでした。現在は敷設作業中ですが,運転を開始する段階では,維持管理体制をしっかりと取り,水位観測データなどを動態観測しながら,目詰まり等の状況によって,さまざまな対応をしていくとのことでした。質問の中には,今後,液状化マップでの評価や,将来的な土地売買に際して隣接街区との価格差など,現時点では課題となる内容についても意見が出ました。とても難しい課題も含まれますが,道路部の対策のみで効果があるとの評価であり,宅地内への施工が伴わないという点はリスクが少ないと思いました。また,コストが廉価であることも,住民に受け入れやすい状況と認識いたしました。