地盤品質判定士が「国土交通省の登録資格」として登録されました

2018年5月16日

2月27日付で,地盤品質判定士が,国土交通省の「平成29年度 公共工事に関する調査及び設計等の品質確保に資する技術者資格」のうち,「宅地防災」の施設分野で登録されました。

地盤品質判定士が,国及び地方公共団体が発注する宅地防災に関わる業務において,管理技術者・ 照査技術者を担当することのできる資格になりましたので,今後の利活用が期待されます。

公共工事に関する調査及び設計等の品質確保に資する技術者資格とは、国土交通省のHPによると

民間団体等が運営する一定水準の技術力等を有する資格について、国や地方公共団体の業務に活用できるよう、国土交通省が「国土交通省登録資格」として登録する制度を平成26年度に導入しました。
これまでに、4回の公募を行い、全251の資格を登録しています。国土交通省では、国土交通省登録資格の保有者について、総合評価落札方式において加点評価するなどの措置を通じて活用を進めています。

という仕組みです。国及び地方公共団体の業務発注時の総合評価落札方式において加点評価されるなどの対応が見込まれます。

また、資格の対象となる施設分野は、今回新たに設けられた「宅地防災」で、現在のとこら地盤品質判定士が唯一の対象資格となります。


登録資格の概要

資格の名称地盤品質判定士
登録年月日平成30年2月27日
登録番号
(品確技資第○号)
第249号
資格が対象とする区分施設分野宅地防災
業 務計画・調査・設計
知識・技術を求める者管理技術者・照査技術者
資格付与事業又は事務を行う者の氏名又は名称及び
住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名
地盤品質判定士協議会
村上 章
東京都文京区千石4-38-2
(公社)地盤工学会JGS会館内
資格付与事業又は事務を
行う事務所の名称及び所在地
地盤品質判定士協議会
東京都文京区千石4-38-2
(公社)地盤工学会JGS会館内

詳細は,下記の「国土交通省の報道発表資料」をご覧ください。

 

○40の民間資格を新たに登録します!

「平成29年度公共工事に関する調査及び設計等の品質確保に資する技術者資格」の登録

http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo08_hh_000467.html